まなかい”とは目と目が合うこと。

 まなかいとは、辞書をひくと「目と目の間、眼の前」という意味が出てきます。
しかし、育児の神様といわれた内藤寿七郎先生が書かれた 新「育児の原理」(アップリカ育児研究所)では、「目と目が合うこと」という意味で使われています。そして、育児の基本は、赤ちゃんの目を見ることにあるとも言われています。
生まれたばかりの赤ちゃんでも、目は見えています。目を見つめると、視線をあわせてきます。ゆっくりと視線をそらすと、赤ちゃんの視線もおいかけてきます。アップリカ育児研究所からのお願いです。目で話しかけてあげてください。優しい気持ちで赤ちゃんを抱き、赤ちゃんを見つめてあげれば、赤ちゃんにも愛情が伝わります。これが内藤先生とアップリカ育児研究所が考える「まなかい」育児です。

目と目で対話 まなかいを

泣きやまない赤ちゃんにも〝まなかい”を。

 なかなか泣き止まない赤ちゃんや子供。不安や焦りを感じながら、よしよしとあやしたり、赤ちゃんや子供を抱いていませんか?子供はもしかしたら見抜いているかも、と思える方もおられるかもしれませんが、実は赤ちゃんも何かを感じているのでしょう、素直に受け付けてくれません。「うるさいな」という気持ちのままですと、なかなか泣き止んでくれません。
アップリカ育児研究所がご提案します。うるさいという気持ちをすてて、やさしいまなざしで、赤ちゃんと目と目で対話してあげてください。 自然と、泣いていた赤ちゃんも落ち着き、視線をあわせてきます。赤ちゃんの目と親の目による「こころの対話」は、赤ちゃんを健康な心身に育てるためには、とても重要なことです。

優しい気持ちで抱いて〝まなかい“を。

 まなかいに、さらに、やさしく抱いてあげてください。赤ちゃんにとって、とてもよい穏やかな刺激になります。本研究所の最高顧問である小林登先生が提唱されている「子ども生命感動学」でも、言葉の発達する前の乳児期の育児は、“優しさ”を中心にしなければなりませんとあります。言葉がわからなくとも、タッチング・スキンシップとともに、優しい言葉による語りかけが重要とされています。 子育ては、穏やかな刺激を積み重ねていくことが、赤ちゃんの脳の発達もよいのです。 優しい気持ちで、赤ちゃんを抱いてあげてください。そして、目と目で対話をしましょう。そのときは、優しい言葉を投げかける、この時間を大切にしてあげてください。

優しい気持ちで抱いてあげてください。

育児書-新「育児の原理」-あたたかい心を育てる-

新「育児の原理」ご購入はこちら

新「育児の原理」書籍版はフリーダイヤルでもご購入頂けます。