Aprica Childcare Institute・アップリカ育児研究所

アップリカ育児研究所の歴史

1970年 4月

この誰もわからない、誰もやったことのない赤ちゃんとの対話を求めて、
葛西健蔵氏がただひとりで「アップリカ育児研究会」を設立しました。
そして、育児の神様の内藤寿七郎博士、漫画家の手塚治虫氏、アップリカ創業者 葛西健蔵氏の3人により、
「あたたかい心を育てる運動」が始まります。

1980年 10月

育児の神様、内藤寿七郎博士を「アップリカ育児研究会」最高顧問に就任。

1987年 4月

内藤育児記念会設立

1993年 6月

「あたたかい心を育てる運動」が認められ、国連環境計画世界青少年フォーラムにて、
葛西健蔵氏が特別表彰を受賞。

1993年 10月

第1回日中育児シンポジウム(於:上海の国際和平婦幼保健院)を開催。
その後、海外や国内にて、シンポジウムや特別講座等を開催。

1995年 12月

長年にわたる育児への真摯な取り組み、「あたたかい心を育てる運動」を世界に広めた功績により、
葛西健蔵氏がアルバート シュバイツァー財団の「生命の畏敬賞」を受賞。

1997年 10月

内藤寿七郎国際育児賞を創設。
当該賞の特別賞「国際賞」の第一回受賞者は、マザーテレサさんが受賞。

1998年 10月

内藤寿七郎国際育児賞の特別賞「国際賞」第二回受賞者は、
ナンシー・レーガン女史(元米国大統領夫人)が受賞。

2004年 4月

葛西健蔵氏が王室紋章院ウインザー紋章官ウイリアム・ハント氏より、 英国代々国王、女王の権威のもと、
紋章が授与されました。

2008年 7月

東京都現代美術館「こどものにわ」に企画協力

2008年 8月

アップリカ育児研究会 葛西健蔵氏の意志を継ぎ、

1.ベビー用品、マザーケア用品および育児用品の研究・開発
2.育児・保育および出産に関する教育
3.その他上記各号に附帯関連する事項
上記を目的に、アトランタに本社を置く米国法人 ニューウェルラバーメイド社と葛西家で新たに「Aprica Childcare Institute・アップリカ育児研究所株式会社」を創設、最高顧問に東京大学名誉教授 小林登先生を迎え、トーマス・ジョエル・ブラウン氏、葛西得男氏、葛西康仁氏取締役に就任。

2012年 12月

前田英広氏取締役、北濱昭三氏監査役、葛西得男取締役会長、葛西康仁代表取締役社長に就任。

2013年 4月

葛西健蔵氏 理事長に就任

2013年 6月

新「育児の原理」―あたたかい心を育てる―を刊行。

2014年 11月

Childcare Basics:The Japanese Method-How to Raise Children to Develop a Warm Heart-
新「育児の原理」英語版を刊行。

2015年 11月1日

新「育児の原理」が公益社団法人 日本小児科医会の推薦図書に指定される。

2015年 11月23日

母学 Motherology  赤ちゃんを知る。そして母になる。を刊行。

2016年 1月

新「育児の原理」英語版を英国王室ケンブリッジ公爵夫人に献上。

アップリカ育児研究所 会社概要

社名

Aprica Childcare Institute・アップリカ育児研究所株式会社

所在地

大阪:〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目14-9
奈良:〒632-0231 奈良県奈良市都祁吐山町3529
研修所:〒581-0872 大阪府八尾市郡川175番地

代表者

代表取締役社長 葛西 康仁

事業内容

1.ベビー用品、マザーケア用品および育児用品の研究・開発、
2.育児・保育および出産に関する教育、
3.その他上記各号に附帯関する事項

お問合せ

E-mail:info@aprica-childcare-institute.com
電話:06-6243-7055

emblem