母学 赤ちゃんを知る。そして母になる。 小林登 著

未来のお母さんへ

すべての子ども達が“joie de vivre”「生きる喜び」一杯になるように、 赤ちゃんの心と体を知って母になっていただきたいのです。
小児科医として伝えたいことを、この一冊にまとめました。

「母学」 著者 小林 登

アップリカ育児研究所の「母学」は赤ちゃんを知って母になる。
そんな女性のための「必須講座」です。女子高生、女子大生、保育士などの教育者の方々にも教材として、ご出産ご結婚の贈答品としてもご利用ください。

母学 著者

小林 登のイメージ

アップリカ育児研究所 最高顧問
小林 登
東京大学名誉教授
国立小児病院名誉院長
東京大学医学部卒業、医学博士
アメリカ、イギリスに留学
1970-1984年 東京大学医学部小児科教授
1984-1987年 国立小児病院小児医療研究センター初代センター長
1987-1996年 国立小児病院院長(定年退官)
定年退官後、臨時教育審議会委員、中央薬事審議会委員、 人口問題審議会等委員、日本小児学会理事、日本アレルギー 学会理事、国際小児科学会会長、日本赤ちゃん学会初代理事長、 甲南女子大学国際子ども学研究センター所長、日本母乳哺育学会理事長、日本子ども虐待防止学会理事・会長、厚生省母子相互作用の臨床応用に関する研究班班長など多くの政府役員、学会役員を歴任。現在日本子ども学会名誉理事長、チャイルド・リサーチ・ネット名誉所長。アップリカ育児研究所 最高顧問。アメリカ、イギリスの医師からKobyという愛称で親しまれる。
著書に「20世紀後半の小児科学を考えるKoby’s Note」東京医学社、「子ども学」日本評論社、「新小児医学大系 全41巻」共同編集 中山書店、新「育児の原理」監修 「母学Motherology赤ちゃんを知る。そして母になる。」アップリカ育児研究所 等。著書、訳書、監修、編集多数。
新刊

母学

 

書籍版 331ページ 大判サイズ(210✕185✕20)mm
定価:本体2,500円+税

Please visit the English site to purchase the English edition.

書籍版はアップリカ育児研究所のフリーダイヤルでも購入頂けます。